事例
加速分子動力学法を用いた長時間シミュレーション

通常の分子動力学法ではナノ秒オーダーの解析が限界ですが、それよりも長い時間スケール の問題への対策として、時間スケールを加速させる種々の加速分子動力学法[1]が提案されています。 本手法は、半導体・誘電体、電池、鉄鋼材料 […]

続きを読む
金属
仕事関数の計算方法

ここでは金属結晶の仕事関数の計算方法を紹介します。 下記の手順で行います。1. 結晶構造の最適化2. スラブモデル作成3. ESMモデル作成4. ESM法を適応した構造最適5. 仕事関数の値比較 1.結晶構造の最適化 ま […]

続きを読む
Azure
ニューラルネットワークMDを用いたカーボンナノチューブの格子熱伝導率計算

カーボンナノチューブの熱伝導率を理論的に評価する手法として、これまで古典分子動力学法が主に用いられてきました。しかし、従来の古典力場ではカーボンナノチューブの高い熱伝導率を十分に評価することができていません。 一方で、第 […]

続きを読む
事例
ESM法を利用した仕事関数の計算方法

ここでは金属結晶の仕事関数の計算方法を紹介します。 下記の手順で行います。1. 結晶構造の最適化2. スラブモデル作成3. ESMモデル作成4. ESM法を適応した構造最適5. 仕事関数の値比較 1.結晶構造の最適化 ま […]

続きを読む
事例
金属/樹脂の界面エネルギーおよび引張シミュレーションにおけるポテンシャル検討

概要 自動車のボディなどの構造物において、異なる材料を適材適所で使用するマルチマテリアル化が注目されています。マルチマテリアル化においては、異なる材料の接合部がウィークポイントとなるため、異種材料接合技術の進歩が求められ […]

続きを読む
事例
ポリアミド6(PA6)の構造緩和およびベンチマーク

熱可塑性樹脂で知られるPA6は、分子動力学シミュレーションでよく解析材料になっています。そこで、クラウドGPUで計算した場合にかかる計算時間およびコストについて紹介します。 図1 PA6の化学構造式 シミュレーションに用 […]

続きを読む
第一原理計算
バンドギャップの計算(VASP)

汎関数GGA, HSEおよびGW近似の3種類の方法で、バンドギャップをExabyte.ioで計算を行い、実験値と比較した実例を紹介します。この実例はExabyte社によって作成されています。 対象とする材料全70種類を表 […]

続きを読む
事例
分子動力学法を用いたカーボンナノチューブの熱伝導率計算

カーボンナノチューブ(CNT)は曲げや引張に対する耐性が高く、ナノスケールにおいて非常に安定した構造を持っています。また電気伝導性や熱伝導性に優れていることから、次世代の半導体デバイスの素材として期待されています。ここで […]

続きを読む
事例
GW法によるバンドギャップの計算(Quantum ESPRESSO)

バンドギャップの計算に、PBEで計算を行うと特性を表現することができないことで知られています。またGW法を用いて計算した場合、バンドギャップを評価できることも知られていますが、計算時間がかかります。そこで、実際にPBEで […]

続きを読む
ナノソリューション
無機酸化物のIR-Ramanスペクトル

無機酸化物IR、Ramanスペクトル計算 無機酸化物は様々な結晶系を有しています。無機ガラス等の実材料において、結晶系の違いによる局所的な原子間の結合距離や角度の差異を調べる方法としてIRスペクトルやRamanスペクトル […]

続きを読む