事例
有機ELで用いる分子結晶作成のモデリング紹介

有機ELなどの研究で用いる有機結晶モデルの作成方法について紹介します。現在(2020年4月)のExabyte.ioだけでは、有機結晶モデルは作成するのは困難ですが、弊社で作成したMI-nanosysを併用することで作成可 […]

続きを読む
触媒
金属表面エネルギーの計算

金属鉄鋼、電池、触媒などの分野で求められる金属表面エネルギーの計算について紹介します。金属表面エネルギーが分かると、その材質の強度、表面の反応、接着性などの予測が行なえるようになります。算出されるエネルギーの妥当性につい […]

続きを読む
事例
ペロブスカイト構造のCsSrF3のWIEN2kとQuantum ESPRESSOの比較

概要 K. Epharaim Babu等がフルポテンシャルでWIEN2Kを用いて、ぺロブスカイト(perovskite)構造のCsCrF3を計算[1]しています。そこで、擬ポテンシャルでの計算で、Exabyte.io と […]

続きを読む
ナノソリューション
孤立分子の吸収スペクトル計算

ここでは孤立分子の吸収スペクトルを時間依存密度汎関数法(TDDFT)で計算する方法を説明します。例としてベンゼン分子を用います。 1.計算モデル作成 図1 MI-nanosysを用いた分子モデリング 分子のモデリングは弊 […]

続きを読む
事例
シリコン表面におけるエチレンの吸着

Siのスラブ表面にC2H4分子が表面吸着する計算を行うためのモデル作成および計算結果について説明します。まずSi100スラブとC2H4を合わせたモデルの作成仕方を説明します。SiスラブとC2H4を選択した後、Multi- […]

続きを読む
結晶
シリコン-アルミの界面モデルによるショットキーバリアの計算

半導体分野では、金属/半導体界面の研究も重要であることから第一原理計算を用いた報告がされています。そこで、ここでは、2つの結晶構造から界面モデルを作成し、ショットキーバリアなどを計算する方法を紹介します。ここでは、シリコ […]

続きを読む
事例
Rh表面上におけるNO酸化還元反応のNEB計算

本事例ではRh表面上におけるNO分子の解離反応をQuantum EspressoのNEB機能を用いて計算しました。RhはNO解離活性の高い三元触媒の一つです。 1.計算モデル 表1 反応式 NO*→ N*+ O* (NO […]

続きを読む
半導体
III-V半導体の光学特性の解析

III-V族半導体はダイオードなどの発光素子の素材として用いられるため、その光学特性を第一原理計算から予測することは有用と考えられます。ここではSiおよびIII-V族半導体であるGaAsの誘電関数を、第一原理計算を用いて […]

続きを読む
ナノソリューション
NEB法によるリチウムイオン電池の正極材料内のリチウム拡散反応解析

概要 リチウムイオン二次電池の正極材料であるLiCoO2を採用してNEB法によるLiイオン拡散現象の解析を行うことにより、拡散過程におけるLiイオンの活性化エネルギーや構造変化を解析しました。 計算モデル 図1  LiC […]

続きを読む
事例
有機ELで用いるチオフェン骨格の電気伝導計算

有機ELの素材として用いられているチオフェン分子の電気伝導性を第一原理計算より解析した事例を紹介します。ここではチオフェン分子の骨格の差異が電気伝導性に与える影響に着目しました。 1. 計算モデル 図1に使用した計算モデ […]

続きを読む