炭素繊維
ニューラルネットワークMDを用いたカーボンナノチューブの格子熱伝導率計算

カーボンナノチューブの熱伝導率を理論的に評価する手法として、これまで古典分子動力学法が主に用いられてきました。しかし、従来の古典力場ではカーボンナノチューブの高い熱伝導率を十分に評価することができていません。 一方で、第 […]

続きを読む
事例
分子動力学法を用いたカーボンナノチューブの熱伝導率計算

カーボンナノチューブ(CNT)は曲げや引張に対する耐性が高く、ナノスケールにおいて非常に安定した構造を持っています。また電気伝導性や熱伝導性に優れていることから、次世代の半導体デバイスの素材として期待されています。ここで […]

続きを読む
触媒
白金表面における一酸化炭素の吸着計算

Ptのスラブ表面にCO分子が吸着する際の吸着エネルギーを第一原理計算から求めます。まずPt111スラブとCOを合わせたモデルの作成仕方を説明します。PtスラブとCOを選択した後、Multi-Material 3D Edi […]

続きを読む
事例
カーボンナノチューブの電気伝導計算

次世代の半導体デバイスの素材として期待されているカーボンナノチューブの電気伝導性を第一原理計算より解析した事例を紹介します。ここでは炭素欠陥や架橋金属がカーボンナノチューブの電気伝導性に与える影響に着目しました。 1. […]

続きを読む