プロダクト
汎用型グラフニューラルネットワーク力場を用いた触媒材料の分子動力学シミュレーション(2)

汎用型グラフニューラルネットワーク力場(GNN力場)を用いて触媒材料の分子動力学シミュレーションを行いました。用いたGNN力場は、Facebook社とカーネギーメロン大学が主催するOpen Catalyst Projec […]

続きを読む
事例
汎用型グラフニューラルネットワーク力場を用いた触媒材料の分子動力学シミュレーション(1)

汎用型グラフニューラルネットワーク力場(GNN力場)を用いて触媒材料の分子動力学シミュレーションを行いました。用いたGNN力場は、Facebook社とカーネギーメロン大学が主催するOpen Catalyst Projec […]

続きを読む
プロダクト
NVIDIA GPU によるニューラルネットワークMDのベンチマーク

こちらのベンチマークは、2021年のNVIDIA社のカンファレンス AI daysで紹介したベンチマーク結果になります。 NVIDIA GPU インスタンス ニューラルネットワーク分子動力学(NNMD)におけるCPUに対 […]

続きを読む
Azure
非平衡分子動力学法を用いた金属-樹脂接合界面の界面熱抵抗の解析

構造物の軽量化を目的として、近年、マルチマテリアル化が注目されており、 弊社ではこれまで分子動力学計算を用いた金属-樹脂界面の強度解析から、 界面のミクロ構造を理解することが接合強度の高める上で重要であることを 示してき […]

続きを読む
分子動力学計算
加速分子動力学法を用いた長時間シミュレーション

通常の分子動力学法ではナノ秒オーダーの解析が限界ですが、それよりも長い時間スケール の問題への対策として、時間スケールを加速させる種々の加速分子動力学法[1]が提案されています。 本手法は、半導体・誘電体、電池、鉄鋼材料 […]

続きを読む
事例
金属/樹脂の界面エネルギーおよび引張シミュレーションにおけるポテンシャル検討

概要 自動車のボディなどの構造物において、異なる材料を適材適所で使用するマルチマテリアル化が注目されています。マルチマテリアル化においては、異なる材料の接合部がウィークポイントとなるため、異種材料接合技術の進歩が求められ […]

続きを読む
事例
ポリアミド6(PA6)の構造緩和およびベンチマーク

熱可塑性樹脂で知られるPA6は、分子動力学シミュレーションでよく解析材料になっています。そこで、クラウドGPUで計算した場合にかかる計算時間およびコストについて紹介します。 図1 PA6の化学構造式 シミュレーションに用 […]

続きを読む
事例
分子動力学法を用いたカーボンナノチューブの熱伝導率計算

カーボンナノチューブ(CNT)は曲げや引張に対する耐性が高く、ナノスケールにおいて非常に安定した構造を持っています。また電気伝導性や熱伝導性に優れていることから、次世代の半導体デバイスの素材として期待されています。ここで […]

続きを読む
ナノソリューション
熱可塑性樹脂の引張シミュレーション

三菱ガス化学株式会社で作成されている熱可塑性樹脂:MXD6 を用いて、分子動力学計算で引張シミュレーションを行った。ここでは、歪み速度を変えたベンチマークを紹介する。 図1 MXD6の化学構造 シミュレーション […]

続きを読む
事例
金属/樹脂接合の分子シミュレーションのためのポテンシャル開発

概要 近年注目されている異材接合技術をはじめとした、様々な産業技術において、樹脂/金属酸化物界面の微視的挙動を理解することは重要です。材料の微視的挙動の解析にはしばしば分子動力学法(MD)が用いられますが、樹脂/金属酸化 […]

続きを読む