事例
ニューラルネットワークポテンシャル(NNP)を活用したNNMDによるTiNへの応用

ハイライト ニューラルネットワーク(NN)を使用して原子間ポテンシャルを作成する方法を開発 NNのトレーニングデータを生成するために、ab initio分子動力学(AIMD)シミュレーションを実行 開発されたNNポテンシ […]

続きを読む
事例
Microsoft Azure インスタンスでの Quantum ESPRESSO ベンチマーク

Microsoft Azure HPCインスタンス Azure HPCインスタンスHB120rsとHC44rsにおける第一原理計算ソフト Quantum ESPRESSO のベンチマークを実施しました。 インスタンス名 […]

続きを読む
事例
ESM法を利用した仕事関数の計算方法

ここでは金属結晶の仕事関数の計算方法を紹介します。 下記の手順で行います。1. 結晶構造の最適化2. スラブモデル作成3. ESMモデル作成4. ESM法を適応した構造最適5. 仕事関数の値比較 1.結晶構造の最適化 ま […]

続きを読む
事例
バンドギャップの計算(VASP)

汎関数GGA, HSEおよびGW近似の3種類の方法で、バンドギャップをExabyte.ioで計算を行い、実験値と比較した実例を紹介します。この実例はExabyte社によって作成されています。 対象とする材料全70種類を表 […]

続きを読む
事例
カーボンナノチューブの電気伝導計算

次世代の半導体デバイスの素材として期待されているカーボンナノチューブの電気伝導性を第一原理計算より解析した事例を紹介します。ここでは炭素欠陥や架橋金属がカーボンナノチューブの電気伝導性に与える影響に着目しました。 1. […]

続きを読む
事例
複数元素からなる組合せを考慮した計算

概要 Exabyte.ioでは、複数元素を組み合わせたモデルを簡単に作成することが可能でき、ジョブも一括で投入可能です。今回は、10個のモデル(CaZrO3,、CaHfO3、CaSnO3、CaTiO3、CaGeO3、Sr […]

続きを読む
事例
結晶構造の弾性定数の計算

概要 第一原理計算は、様々な物性を計算することができるため、近年の材料設計に欠かせないツールになっています。その物性の中の1つ、結晶構造の弾性定数の計算について紹介します。 モデル作成 Exabyte.io上から、結晶デ […]

続きを読む
事例
ペロブスカイト構造のCsSrF3のWIEN2kとQuantum ESPRESSOの比較

概要 K. Epharaim Babu等がフルポテンシャルでWIEN2Kを用いて、ぺロブスカイト(perovskite)構造のCsCrF3を計算[1]しています。そこで、擬ポテンシャルでの計算で、Exabyte.io と […]

続きを読む
事例
シリコン表面におけるエチレンの吸着

Siのスラブ表面にC2H4分子が表面吸着する計算を行うためのモデル作成および計算結果について説明します。まずSi100スラブとC2H4を合わせたモデルの作成仕方を説明します。SiスラブとC2H4を選択した後、Multi- […]

続きを読む
事例
シリコン-アルミの界面モデルによるショットキーバリアの計算

半導体分野では、金属/半導体界面の研究も重要であることから第一原理計算を用いた報告がされています。そこで、ここでは、2つの結晶構造から界面モデルを作成し、ショットキーバリアなどを計算する方法を紹介します。ここでは、シリコ […]

続きを読む